スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【米倉涼子】「モンスターペアレント」 第6話

依頼を受け小学校にやってきた高村樹季(米倉涼子)と望月道夫(平岡祐太)は、担任教師の武藤春樹(高橋光臣)が娘の実咲を誘惑していると抗議する父親・松永修一(相島一之)と対面する。

20世紀の年寄には、松本さんのルックスやスタイルも米倉涼子や綾瀬はるかより上やと思いますけど。

物凄い実力の歌手やのに、これほど注目されとらんのは、ほんま惜しい。

シングルすら1年以上でとらんのんちゃうかなあつかさ、なんで樹季(米倉涼子)はこの父親に優しいのだ? 個人的には樹季にもっとガツーンと言ってやってほしいんだけどな。

あれじゃあ、子供が可哀そうだし。

ラストは、子供が家出して母親のところに行ってたことがわかって終了。

本は2006年に出版されたもので、今、文庫にもなっています 作者の天野節子さんは還暦を前に初めて書いて自費出版したものが評判になったそうです。

米倉涼子の主演でドラマ化されるそうです。

米倉涼子ピッタリだと思います くわしいことは米倉涼子が1999年に『女優宣言』してたこと。

>つまり2000年前後の記憶が曖昧なこと。

>misonoがday after tomorrowなのか、ヒステリック・ブルーなのか、どっちが春?spring?なのか、どっちが「この右手と僕の左手」なのかせっかく仕事の休暇が取れた高村(米倉涼子)でしたが、この保護者に振り回されることに。



でも今回の件で高村は、親が子を思う気持ちや、子が親を思う気持ちについて勉強になったのではないでしょうか? 私にも子供が出来たら・・

学校に。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

pq6v193j1on

Author:pq6v193j1on
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。